就職や転職する際には、必ず面接を受けなくてはなりません。

面接試験で重要なこと

就職や転職する際の面接時の基本的なマナー

面接試験で重要なこと 就職や転職する際には、必ず面接を受けなくてはなりません。書類選考に通ったとしても、面接時に基本的なマナーを意識していないと、採用担当者に向けて好印象を与えることはできません。面接を受けるときに、マイナス評価を受けないようにするための基本的な知識としては、まず到着が早すぎないようにしたり、遅刻をしないといった点があげられます。

到着時間の目安としては、面接開始時のおよそ5分前から10分前ほどが目安となります。また万が一、交通機関のトラブルなどによって面接の開始時間に遅れそうな場合には、必ず連絡をするようにしましょう。面接会場に着いたら、受付に行く前にコートを脱いで、携帯電話の電源を切り、面接中に音が出ないように配慮します。そして、面接室に入る前には、ノックを3回して、面接官からの返答が聞こえてから、失礼しますと一声かけてから入室します。

面接官の目を見ながら、名前を言って、お座りくださいと言われてから椅子に座るようにします。面接中の受け答えは、笑顔でハキハキとするように心がけながら質問に答えていきます。面接が終了したら、面接官に対して丁寧にお礼とお辞儀を忘れないようにして、最後まで気を抜かないように気をつけて、面接室から退出するようにします。
Copyright (C)2019面接試験で重要なこと.All rights reserved.