面接で最も大切でその人の人柄を判断されるのが入室時の初めの10秒の第一印象とされています。

面接試験で重要なこと

面接時に相手に伝える大切なこと

面接試験で重要なこと 面接で最も大切でその人の人柄を判断されるのが入室時の初めの10秒の第一印象とされています。そこでこの人はどのような人なのかと判断されるのです。この第一印象が悪いとこれから先、悪い印象が定着してしまって印象を弁解するのは難しくなってしまいます。身だしなみが悪かったり、元気がなく暗い印象だったりとマイナス印象から面接が始まるのは、とても悪いことです。これでは、せっかくプラスの印象で始めたいのに相手に悪い印書ばかりを与えるばかりで、最悪の出だしとなってしまいます。そこで、そうならない為に普段から自分の身なりに気を配る習慣が必要と考えます。

ですが、その人の人柄を決めるのはなにも第一印象だけとは限りません第一印象が大切なのは確かですが他にも大切なことはあります。それが第一に聴覚印情報からはいってくる即ち、その人の声のトーンなど調子、あと視覚情報となる話ながらの身振り手振りの動作です。これらのことを面接官が見て、一緒に働きたいと思える人を採用するのではと考えます。

では、話す内容はというとそれほど重要ではないのではと結果づけれます要は自分が話している内容をいかに相手に興味を持ってもらいながら伝えることが大切なのではと考えます。これらのことで面接時に大切なことというのはいかに自分に自信を持って自分の言葉で相手に伝えることではないでしょうか。
Copyright (C)2019面接試験で重要なこと.All rights reserved.