面接には様々なマナーがあります。

面接試験で重要なこと

面接はマナーを守って、スマートに行いましょう

面接試験で重要なこと 面接には様々なマナーがあります。面接日程通知のメールが届いたときから、退室し、会社の門を出るまで、多岐にわたります。まずは、面接の日程通知のメールが届いた際、本文の中に「このメールに対する返信は必要ありません」との記載があるかを確認しましょう。この一文がある場合は返信の必要はありません。この一文がない場合は、面接日程が選択式であったりするため、一日以内にお礼の文言と一緒に必要内容を記入したメールを返信しましょう。

面接当日は、必ず15分前までに受付を済ませましょう。受付の方にも失礼が無い様に、挨拶と氏名を名乗った後に「本日〇時の約束で、面接に参りました。」と伝えます。指示を受けた後には、「はい。ありがとうございます」としっかり答えましょう。面接会場では騒がず、名前が呼ばれた後に返事をして立ち上がり、ドアを3回ノックします。入室してからは、ドアを閉めて一礼します。この際にしっかりと面接官の顔を見ると堂々とした印象を与えられます。入口に近い側から席に近付き、出身校と氏名を名乗り、一拍おいてから一礼します。面接官に促されてから座り、受け答えははっきりと行いましょう。

面接後は「はい。ありがとうございます」と言ってから立ち上がってから一礼し、ドアの前で面接官に向き合ってからもう一度一礼します。その後にゆっくりとドアを開け、退室しましょう。会社から出るまでは気を抜かず、受付の方にもお礼を伝えてから外に出ます。
Copyright (C)2019面接試験で重要なこと.All rights reserved.