面接で大切なのは、入室した際、面接の担当者にどれだけの好印象が与えられるかがカギとなります。

面接試験で重要なこと

面接で大切なのは第一印象です

面接試験で重要なこと 面接で大切なのは、入室した際、面接の担当者にどれだけの好印象が与えられるかがカギとなります。面接ではお互いが初対面のため、お互いが知る努力が必要になります。面接では自己PRと志望動機を軸にして、質問が広がっていくことがほとんどです。そのため、まずは好印象を持たれることで、面接時の問いかけがしやすい状況を作りましょう。

面接の担当者が最初に好印象を持っていた場合、受け答えの内容自体が好意的になる場合もあります。受け答えの内容がメリット、デメリットの両方を含んでいた場合に、メリットとして受け取ってもらえたりもします。具体例を挙げてみましょう。面接では自己PRを行う際に性格についての話をすることも多いです。自分の性格を「優しい性格だといわれることが多いです」と答えた際に、その額面通りに捉えてもらえるか、優柔不断だと捉えられるかはおおむね第一印象によって操作されます。

基本的には笑顔を絶やさずに、身なりを整えておきましょう。笑顔は人の警戒心を解きますし、身なりがだらしがない人は、それだけで、だらしがない人だと判断されてしまいます。また、自分の名前や志望動機などの発声はハキハキ行い、歩く、座るなどの所作は自然に行う事を心がけましょう。
Copyright (C)2019面接試験で重要なこと.All rights reserved.