企業に就職する前や、新たな職場を求めて転職しようとする際には、採用担当者による面接が必須となっています。

面接試験で重要なこと

企業に就職、転職する際の面接時の基本的知識

面接試験で重要なこと 企業に就職する前や、新たな職場を求めて転職しようとする際には、採用担当者による面接が必須となっています。面接を受けるときに気をつけておきたいことは、会社の受付の方にも丁寧に挨拶をするなどして、面接官以外の方にも第一印象を良くするようにつとめることです。受付を担当している方や、その他の社員などから面接官にその人の印象が伝えられることもありますので、会社に入る前から面接がはじまっていると意識するようにしておくことが大切になります。

面接時には、面接室内に採用担当者が先にいる場合と、先に面接室に通され、後から採用担当者が来るケースとがありますが、前者では、入室する前にドアを3回ノックして、中から「どうぞ」などと声が聞こえてから入るようにします。後者では、案内してくれた方の指示に従って採用担当者の入室を待つことになります。その際、案内係の方へのお礼も忘れないようにします。

採用担当者が入室してきたら、椅子から立ち上がって元気に挨拶をし、指示を受けてから再び着席します。そして、面接がはじまったら採用担当者からのひとつひとつの質問に対して、入社に向けての意気込みが伝わるように丁寧かつ明確に答えていくようにします。面接が終了し、面接室を後にしてドアを開ける前にも、採用担当者に礼儀正しくお礼を言うことも忘れないようにしてください。
Copyright (C)2019面接試験で重要なこと.All rights reserved.